うなじ・背中・Oライン等がシェービング無料の脱毛サロンは?

うなじ・背中・Oライン等がシェービング無料の脱毛サロンは?

脱毛サロンのシェービング代が無料なのはどこ?

脱毛サロンによって、脱毛料金の他にシェービング代がかかるサロンがあります。
このシェービング代って、一体何なの?どの脱毛サロンでもかかってしまうものなの?
一体どのサロンががいくらかかって、どのサロンが無料なのか
脱毛サロンごとの一覧表も作ってまとめてみました!

自己処理したとしても、全身脱毛では必ずと言って良いほど発生してしまう剃り残しのシェービング対応については、こちらの記事で詳しく書いています。

剃り残しのシェービングが無料の脱毛サロンは?

そもそもシェービング代って??

脱毛サロンでは基本、脱毛をする3日前~前日にムダ毛は自分で電気シェーバーで剃っていきます。
ですので、脱毛サロンで言うシェービング代は、

  • 手の届かない脱毛部位(背中など)を剃ってくれる手数料
  • 剃り残しを剃ってくれる手数料

と言う意味合いで使われますよ。

手の届かない部位だけの場合は、大体のサロンが無料で行ってくれることが多いです。
確かに、おしりや背中、うなじ、Oラインなどの背面は自分では手が届かないですから、無料でやってくれるのはありがたいですよね。

剃り残しについては、サロンによってバラバラです。
中には、手の届かない部位のみの意味でシェービング代無料と言っていて、剃り残しは対応外というところもあります。
そうなると、剃り残しがあった場合はその部位の脱毛を断られることも。

そういう点では、どちらの意味も兼ね備えたサロンを選ぶのが損をしないポイントです。

手の届かない部位と剃り残し、それぞれのシェービングの有料・無料について、表でまとめてみました。

手の届かない部位の
シェービング
剃り残しの
シェービング
該当する脱毛サロン
有料有料キレイモ(月額制)、脱毛ラボ(月額制・回数制共通)
有料無料今のところなし
無料有料ラココ
無料無料キレイモ(回数制)、銀座カラー、シースリー、エタラビ、ラットタット、ディオーネ

一番下の行、5行目を見るとわかる通り、手の届かない範囲と剃り残し、
両方に対して無料のシェービング対応をしてくれるのは、
キレイモ(回数制)、銀座カラー、シースリー、エタラビ、ラットタット、ディオーネ
の6つのサロンでした。

「シェービングにお金がかかるなんて論外!」と言う人は、
この6サロンの中から選ぶと良いですね(*´▽`*)

次はさらに詳しく、上の表の2行目で手の届かない範囲と剃り残し、どちらに対してもシェービングが有料の脱毛ラボやキレイモのシェービング代や、サロンごとの手の届かない範囲の定義について、まとめました。

脱毛サロン別、シェービング代と対応範囲一覧

それではお待たせしました!
脱毛サロン別に、手の届かない部位のシェービング代と、その対応範囲を表にまとめてみましたよ。

剃り残し部分への対応についてはこちらを見てくださいね♪

 コースシェービング代対応範囲
脱毛ラボ全コース共通1,000円
(VIO・顔を含む場合は+500円)
うなじ、背中、Oライン
KIREIMO月額制1,000円うなじ、背中、Oライン、ヒップ
回数制無料
銀座カラー全コース共通無料うなじ、背中(上下)、腰、ヒップ、Oライン
ミュゼ全コース共通無料襟足、背中(上下)、Oライン(ヒップ奥)
2015年4月1日からヒップを除外
シースリー全コース共通無料襟足、背中、Oライン、ヒップ
エタラビ全コース共通無料うなじ(襟足)・背中・腰・ヒップ
ラココ全コース共通無料うなじ(襟足)、背中
ディオーネ全コース共通無料全身
ラットタット全コース共通無料VIOラインを除く自分では剃りにくい部分

手の届かない部位と剃り残し、両方のシェービング代がかかるのは、脱毛ラボキレイモでしたね。

脱毛ラボの場合は、手の届かない部位と剃り残しどちらにしても、
シェービングと言う行為が発生するならシェービング代がかかると言うルールです。
つまり、自分できちんと剃り残しなく剃ることができれば、シェービング代はかからないんです。

一方、キレイモの月額制の場合は、来店すれば必ずシェービング代がかかると言うルール。
と言うのも、キレイモの月額制は下半身、上半身と分けて脱毛していくので、
下半身の時はOラインやヒップ、上半身の時はうなじや背中、と自然と手の届かない部位のシェービングが発生するんですね。

できれば無料が嬉しいけれど、キレイに脱毛するためにはシェービング代も必要

手の届かない範囲のシェービング代が有料のところは、脱毛ラボとキレイモの月額制プラン。
一方、無料のところは、シースリー、ミュゼ、銀座カラー、キレイモの回数制、エタラビ、ラットタット、ラココ、ディオーネでした。

できれば無料が嬉しいのはみんな同じだと思うけれど、シェービング代は、

「痛みやヤケドなどのトラブルを極力起こさないために必要なもの」
「うなじなど形をしっかりキレイに整えて脱毛したい部位には必要なもの」

であることには変わりありませんよね。

それに、実は脱毛料金の総額で見れば、シェービング代を含めてもシェービング代がかかるサロンの方が安かったり、月払いで払いやすかったりと言うこともあります。
シェービング代だけでなく、脱毛にかかる料金やその払い方についても注目すると、自分に合うサロンが分かってきますよ(*´▽`*)

あっ、手の届かない範囲は除いても、それ以外の部位は基本念入りに自己処理していくのを忘れずに(・ω・)/



全身脱毛サロンの体験レポはこちら

キレイモ体験レポはこちら
脱毛ラボ体験レポはこちら
銀座カラーの体験レポはこちら

人気全身脱毛サロンランキング

第1位 脱毛ラボ
第2位 キレイモ
第3位 銀座カラー

>>全身脱毛サロンランキング2016へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加