脱毛サロン別、全身脱毛時のシェービング代と対応範囲を比較しました!

脱毛サロン別、全身脱毛時のシェービング代と対応範囲を比較しました!

6791e4f83c0812c33123ec52c972f1d5_m

脱毛サロンって、表示料金以外にも実はシェービング代ってものがかかる時があるの。
このシェービング代、結構バカにならないから、事前にどれくらいかかるのか知っておきましょうね!

脱毛サロン別、シェービング代と範囲一覧

というわけで、脱毛サロン別にシェービングと範囲を表にしたわ!
中には同じサロンでもコースが違うと料金がかかってしまうものもあるから要注意ね!

 コースシェービング代対応範囲
脱毛ラボ全コース共通1,000円
(VIO・顔を含む場合は+500円)
うなじ、背中、Oライン
KIREIMO月額制1,000円うなじ、背中、Oライン、ヒップ
回数制無料
銀座カラー全コース共通無料うなじ、背中(上下)、腰、ヒップ、Oライン
ミュゼ全コース共通無料襟足、背中(上下)、Oライン(ヒップ奥)
2015年4月1日からヒップを除外
シースリー全コース共通無料襟足、背中、Oライン、ヒップ
エタラビ全コース共通無料うなじ(襟足)・背中・腰・ヒップ
ラココ全コース共通無料うなじ(襟足)、背中
ディオーネ全コース共通無料全身
ラットタット全コース共通無料VIOラインを除く自分では剃りにくい部分

やっぱり個人的にはキレイモの回数制が一番お得だと思うのよ。
何といっても、剃り残しをしたとしても対応範囲外でも剃ってくれるからね。

でも、キレイモは月額制になると1回1,000円かかっちゃうのは悩みどころネ。
毎回1,000円払わなきゃいけないことを考えると流石にちょっと悩んじゃうわよね。

ミュゼは背中の部位が背中上、背中下、ヒップって分かれてるのよね。
でも、4月からはヒップがシェーピングしてくれる範囲から除外されてしまうから、全身脱毛をする時やパーツでヒップを選んでいる人は結構大変かもしれないわね。

ほかには、そうね・・・シースリーは無料でやってくれるみたいね。
でも、剃り残しがあると注意が厳しいから、わたしはあんまり好まないわネ。

そもそも、施術前には必ず
自分で剃ってから行きますよ

基本的には、施術前の2,3日前に手の届く所は自己処理してからいかなくちゃいけないのよ。
まぁ当然なんだけど、剃り残しや剃り忘れがあったらやってくれない施術をしてくれないところもあるのよ。

だから、自己処理は1回やって終わりとかじゃなくて、2,3周くらいその箇所を見直しするのがちょうどいいんじゃないかしら?
まぁ、上の表を見てスタッフが手伝ってくれる箇所は気にしなくてもいいんだけどネ。

だって、背中とかヒップ、Oラインなんて自分でやるには難しすぎると思うわよね。
無理矢理自分で処理しようとするのもいいかもしれないけど、襟足なんかはがたがたになっちゃってむしろ恥をかくことが多いのよ。

それから、一部剃り残しがあるとまだいいんだけど、完全に剃ってない時とかは、施術をしてもらえないから気をつけなさいよ。

持参するシェーバーは
どういうシェーバーを買えばいい?

最近の脱毛サロンだと、電気シェーバーを持参すれば無料で剃ってくれるっていう所も多いようなのよね。

因みにアタシのオススメはフェリエのスティック型タイプよ。
一般的にも人気ね。
細かい箇所はもちろんだけど、全身にも使っても問題ないのがポイントよ。

Panasonic フェリエ フェイス用 ピンク ES-WF60-P

新品価格
¥2,918から
(2015/3/25 11:31時点)

因みにこのES-WF60のシリーズ、同じフェリエシリーズで人気だったES2113PPの新モデルなの。
色はホワイト・ピンク・ビビットピンクの3色。
水洗いが出来ないのはちょっと困るところだけど、パワーがあって、ヘッドの部分が動くから、とっても剃りやすいのよ!

でも、もし水洗いがしたいなら、同じくフェリエのボディ用ね。

Panasonic フェリエ ボディ用シェーバー ピンクゴールド ES-WR40-PN

新品価格
¥2,427から
(2015/3/25 11:33時点)

特に、ボディ用はT字とI字を回転させることによって切り替えができるところがポイントになるんじゃないかしら?

サラシェとか、以下のタイプも人気があるようだけど、全身脱毛をするならIラインとかの細かな箇所の処理がしにくいのよね。
だから、完全に自己処理向きなのよ。

Panasonic サラシェ 全身シェーバー オレンジ ES2235PP-D

新品価格
¥2,138から
(2015/3/25 11:35時点)

持参するなら、他を選んだほうがよくってよ。
そう考えるとやっぱりスティック型のほうが持参するには最適なのね。

まとめ

基本的に、脱毛ラボシェービング代がかかってしまうので注意が必要ね。
KIREIMOは回数制ならシェービング代が無料なので、回数制ならではの特典と言えるわ。
銀座カラーとシースリーは無料ですが、電動シェーバーを持参しなければいけないのでその点に注意。
ミュゼは基本的に無料ですが、ヒップが含まれななくなってしまうので、その部位を含んだ脱毛をする場合は注意が必要よ!

シーズンや価格競争によって脱毛サロンの料金はかなり変動があるので、最新の料金やプランはこちらから確認して下さいね。
→トップページへのリンク



全身脱毛サロンの体験レポはこちら

キレイモ体験レポはこちら
脱毛ラボ体験レポはこちら
銀座カラーの体験レポはこちら

人気全身脱毛サロンランキング

第1位 脱毛ラボ
第2位 キレイモ
第3位 銀座カラー

>>全身脱毛サロンランキング2016へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加