全身脱毛のジェルは冷たくて寒い!サロン別ジェルの有無一覧

全身脱毛のジェルは冷たくて寒い!サロン別ジェルの有無一覧

194b304928c3f5751ebe941208eee67b_m

出来れば避けたい脱毛時の冷却ジェル。冷たくて体が震えて寒い!なぜジェルが必要なの?ジェルがない脱毛サロンはないの?ということでまとめて見ました。

全身脱毛サロン別、冷却ジェルの有無

脱毛サロン名冷却ジェルの特徴
ミュゼ植物ペプチド配合の冷却ジェル
キレイモなし
脱毛ラボヒアルロン酸など保湿成分がたっぷりの冷却ジェル
銀座カラー冷却ジェル(成分などは特に記載なし)
シースリーヒアルロン酸配合の冷却ジェル

表を見てもわかるように、キレイモ以外はジェルを塗ってから照射していますね。

塗り方は、効率よく脱毛をしていくために、大きく部位を分けて一気にジェルを塗ってから照射しますよ。
照射された箇所はほんのりと暖かくなりますが、それまではジェルの冷たさが体にしみるのが少し辛いと感じる女性が多いのが現状です。

でも、このジェルを塗らないと施術することができないので仕方ないんですよね。

なぜキレイモ以外の全身脱毛サロンは冷却ジェルが必要なの?

上に書いた表を見ただけでは、

「キレイモはジェルを使わないのに、なんで他の全身脱毛サロンはジェルを使うの?」

と、疑問を持つ方もいるかもしれませんね。

その違いは脱毛方法です。

ミュゼ脱毛ラボは、S.S.Cと言う抑毛ジェルを浸透させる脱毛方法なので、必然的にこのジェルが必要になります。

一方シースリー銀座カラーIPLと言う、毛の黒い色素に反応して、毛根にダメージを与える脱毛方法。
こちらは毛根が照射時に熱を帯びてしまうので、それを冷やすためにジェルを塗っているんです。

因みに、キレイモIPLです。
でも、なぜキレイモはジェル不要なんでしょう?

なぜキレイモは冷却ジェルが不要なの?

キレイモもIPLなら、ジェルって必要じゃないの?って思いますよね。

その答えは、キレイモで使用する脱毛機械です。

キレイモで使用する脱毛機械は照射面に冷却機能が付いています。
その冷却機能は、表面がマイナス4度になるよう設定されているそう。

実際照射面を肌に当てると、ケーキなどを買った時に付いてくる保冷剤をパッと肌に当てたような冷たい感覚。

ジェルだと長時間、広範囲にわたって冷たい思いをしないといけないけれど、ジェルがないなら、照射するごとに保冷剤を当てている感覚だけなので、寒い思いをほとんどする必要がないんですよね。

余談ですが、キレイモの嬉しい点は照射後にスリムアップ成分を配合した、保湿成分の高い鎮静ローションでケアをしてくれるところ。

このサービスしかり、キレイモは他のサロンと比べて結構特徴がある全身脱毛サロンなんですよね。

まとめ

ジェルが嫌という方は、キレイモです。
全身脱毛サロンの口コミでは、ジェルへのクレームがとても多いです。
冷たいというクレーム以外にもジェルを拭くタオルが汚いとか、ジェルの塗り方が嫌。ジェルを塗るときの声掛けが気に入らないなどジェル自体だけでなく、ジェルを使うことでのクレームが多いんですよね。。。
キレイモはジェルを使わないので、そういうクレームがないところも、高評価につながっているのかもしれません。

料金や支払い方は、「全身脱毛ランキング」で見てもらえれば簡単に比較できますよ。

詳細なサービス内容については、以下のページに各サロンの公式サイトより詳しく書いていますので参考にしてください

全身脱毛サロンの体験レポはこちら

キレイモ体験レポはこちら
脱毛ラボ体験レポはこちら
銀座カラーの体験レポはこちら

人気全身脱毛サロンランキング

第1位 脱毛ラボ
第2位 キレイモ
第3位 銀座カラー

>>全身脱毛サロンランキング2016へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加