キャンセルは何日前までキャンセル料が不要?

全身脱毛サロンのキャンセルは何日前までキャンセル料が不要?

d6c7d5132eb827bdf3e14e5a7bcd404b_m

全身脱毛サロンで予約をキャンセルするとキャンセル料などが必要になってきます。サロン別にキャンセルしたときのペナルティをまとめてみました。

サロン別、何日前までに
キャンセルすればノーペナルティーか?

ミュゼプラチナムなし
キレイモ前日の営業時間終了まで
脱毛ラボ2日前の営業時間終了まで
銀座カラー前日19時まで
シースリー予約1分前まで

キャンセルについてのペナルティはやはり誰もが気になるところだと思いますが、ミュゼにはペナルティがありません。
ペナルティはどこのサロンでも厳しいようですがペナルティがないのは嬉しい話ですね。

また、次に融通が効くのがシースリーです。
シースリーは1分前まではキャンセル可能なようです。

逆にとっても厳しいのが2日前までにキャンセルの連絡を入れなくてはならない、脱毛ラボですね。

更に、注意が必要なのはキレイもです。
キレイモは月額制の場合、その月の予約ができなくなってしまうようですよ。

ノーペナルティ期限を越えての
キャンセルしたときのペナルティは?

ミュゼプラチナムなし
キレイモ消化1回
脱毛ラボ消化1回+1000円のキャンセル料
銀座カラー消化1回
シースリー消化1回。無制限コースの場合は3000円のキャンセル料

先程も言ったのですが、素敵なことにミュゼにはペナルティがありません。

しかし、1分前までキャンセルが可能なシースリーはその1分を超えるとペナルティがものすごく厳しいです。
シースリーはペナルティになると1回の消化になってしまう上に無制限コースを選んでいる場合は3,000円のキャンセル料としての罰金があります。

とりあえず、ほとんどの脱毛サロンでは消化1回担ってしまうのが基本なのでキャンセルは早めに行っておきましょうね。

生理時の施術はどうなるの?

ミュゼプラチナムVIO以外は脱毛可能
脱毛ラボ生理日だけでなく、生理後1週間は脱毛できない。
銀座カラーVIO以外は脱毛可能
キレイモ生理中は脱毛できない。
シースリー生理中は脱毛できない。

キャンセルが起こってしまう理由に生理があります。
生理中は施術してくれない場合が多いですからね。

ミュゼと銀座カラーは生理でもVIO以外の部位であれば施術が可能なのでキャンセルの必要はありませんが、他の脱毛サロンではそうはいきません。

キレイモや脱毛ラボは施術ができなくなってしまうので生理計算はしっかりしておきましょうね。

更に脱毛ラボですと、生理後の一週間後も施術をさせてもらえませんので注意が必要です。

まとめ

全身脱毛サロンではキャンセルは命取り。予約の段階からキャンセルが起こらない日程で予約しましょう。
そのためには日頃からスマホや手帳でスケジュール管理をしっかりと行いましょう。


全身脱毛サロンの体験レポはこちら

キレイモ体験レポはこちら
脱毛ラボ体験レポはこちら
銀座カラーの体験レポはこちら

人気全身脱毛サロンランキング

第1位 脱毛ラボ
第2位 キレイモ
第3位 銀座カラー

>>全身脱毛サロンランキング2016へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加